採用情報|佐賀市で歯医者をお探しならみのり歯科診療所へ

みのり歯科診療所

診療時間

TEL:0952-27-8566

平日9:00~13:00/14:00~18:00

土曜9:00~13:00まで

休診日:日曜・祝日・年末年始・学会研修日

採用情報

歯科衛生士募集要項

★歯科衛生士:正社員(パートさん・ブランクのある方もご相談ください!)★

【給与】正社員:月給200,000円〜270,000円 ※経験、能力を考慮します
 パート:時給900円〜1,500円
 

【勤務時間】月曜日〜金曜日 9:00〜18:00 土曜日 9:00〜13:00
 ※18時には患者様が診療室を出られます
 

【勤務地】〒840-0054 佐賀市水ヶ江5-2-8 みのり歯科診療所
 

【休日休暇】年間休日110日以上(土曜午後、日曜、祝日+ 月1回土曜
 お盆休暇(昨年は5日間)/年末年始休暇(今年は6日間)
 ※今年から土曜休みの週と祝日がある週を除いて、 平日午後に休診日を設けます
 ※飛び石休日は3連休にすることが多いです
 

【福利厚生】交通費規定内支給/自動車通勤可、バイク通勤可/昇給年1回・賞与あり
 各種手当あり(皆勤手当、残業手当、業績手当)/歯科医国保加入/院内での歯科治療費は医院負担
 ※皆勤手当、業績手当に加えて、始業前の朝礼の時間や診療後の片づけの時間も残業代あり
 

【POINT♡】
 ●患者様への説明資料を作成したり、自分で学んだことをレポートにまとめるなど、努力や向上心が認められる場合は別途手当を支給しております。
 ●有給休暇は時間単位で取得可能!育児休暇・介護休暇取得実績あり!
 ●メディカルサロン併設! エステの施術や化粧品、サプリメントは社員価格で購入できます!
 ●30代40代のスタッフも活躍中です!ブランクがあってもフォローいたします!

【応募先】
 ご応募や医院見学、採用についての質問はお気軽にお問合せ下さい。
 みのり歯科診療所 〒840-0054 佐賀市水ヶ江5-2-8  TEL:0952-27-8566


 
 

ごあいさつ

image

はじめまして、みのり歯科診療所の内山睦美と申します。

当院は2002年2月2日に開業しました。ホームページ冒頭にもありますように、「治療の結果が実るように、患者様との人間関係が実るように」という願いを込めて「みのり歯科」と名付けました。最新の医療技術を学び、患者様に寄り添う治療を志して15年が経過した今、長年通院してくださる患者様も多く、メインテナンス(予防)のために来院される方が4割を超えるようになりました。

そして、私も今年で歯科医師免許を取得して30年になります。より良い治療結果を求めて一生懸命勉強してきましたが、昨今「働き方改革」という言葉を頻繁に耳にするようになり、世の中も大きく変わってきました。これからは今まで以上に共に働くスタッフとよりよい関係を築き、笑顔が溢れるクリニックを作っていきたいと願っています。

「患者様に快適で豊かな生活を過ごしていただくために、生涯にわたり命の源であるお口の健康をサポートする」が当院の運営理念です。

それでは、当院のクレド(行動指針)に沿って医院のご説明をさせていただきます。

「みのり歯科診療所は、患者様とスタッフ、および診療所に関わる全ての方々に対して、喜びに溢れるクリニックであることを最も大切な使命と心がけています」

患者様が健康を取り戻し、笑顔になって下さることを一番の目標とするのはもちろんですが、医院を支えてくれるスタッフが充実感を持って安心して働いてもらえるような環境を整えることを今後の目標としています。不平・不満の感情を持って働くことは態度にも現れ、患者様にも伝わります。患者様だけでなく、職種の異なるスタッフ間においても感謝や喜びの気持ちを持つことはとても大切です。患者様、スタッフ、そして業者の方やスタッフのご家族など周囲の方々からも支持される医院でありたいと願っています。皆が協力して一生懸命働き、自然と笑顔が溢れるような医院を作っていきたいと思います。

「私たちは、チームアプローチを基に最高の医療技術を提供するために、日々努力します」

医療は日進月歩です。患者様の症状や問診から最も適切な治療を提供するためには学ぶことが欠かせません。院長である私が常に学び、それをスタッフに伝えるようにしています。

日々の診療においては様々な情報を記録し、スタッフ間で共有しています。

image

また、歯科衛生士のスキルアップを図るために、久留米大学勤務後に渡米してアメリカの衛生士免許を取得して、活躍されている「薄井由枝」先生を東京から定期的に(年に3~4回)お招きしています。

残念ながら九州では衛生士学校を卒業した後に、きちんとした技術の習得を学ぶ機会が少ないのが現状です。単発のセミナーを受けてもなかなか理解・実践することはできません。薄井先生が各々2日間、院内で研修をしてくださいますので、シャープニングやSRPを基礎からきちんと学ぶことができます。

「私たちは、患者様に信頼と満足を感じていただけるために、患者様一人ひとりへの最高のパーソナルサービスと洗練された雰囲気と施設を提供することを通して、人生を豊かにし、成長することが最大の喜びです」

image
image

また、患者様の気持ちが和むように、院内に飾っている絵は季節ごとに交換し、待合室には日替わりのお茶をご用意しています。院内の清掃に関しては、2週間に一度プロのお掃除業者にお願いしています。

そして、何よりも大切なことはスタッフのホスピタリティであると考えています。患者様へのきめ細かい心配りができるような素敵な女性に成長してほしいと願っています。様々な年齢の患者様がお見えになるので、言葉遣いを含めた教養も必要です。技術だけが上達すればよいというものではありません。職種は違っても、共に働くスタッフ一人一人をお互いに尊重し協力しあう気持ちも大切です。

そのために、院長との日誌のやり取りや、医療以外の専門家による勉強会も行っています。仕事という場を通して、人間力を磨いていくことは20年、30年後の人生にきっと役に立つことでしょう。

以上、クレドに沿って、医院のご説明をさせていただきました。

~少子高齢化社会を迎えて歯科医療者ができること~

2017年には8020達成者が50%を超えました。けれども、医療費は増大の一途をたどり、糖尿病や循環器系の疾患、悪性腫瘍にも歯周病が関わっていることが示唆されています。口腔は全身を映し出す鏡です。きちんとブラッシングしていてもプロービングで出血がある場合は糖分摂取が多いことや貧血、たんぱく質の摂取が不足していることが考えられます。臼歯部に修復物が多い方は噛みしめが強いことが多く、就寝時の低血糖や鉄不足が予想されます。
ボトルカリエスのある子供たちは将来糖尿病になるリスクを考え、指導しなければなりません。
このように口腔を通して、私たちは様々なアドバイスを行い、疾病を予防することができるのです。当院では血液検査や食事内容の解析を行う分子栄養学を用いてよりよい口腔環境を整え、それが全身の健康につながることを考えた診療を行っています。

衛生士が食育を学ぶことで、患者様の口腔環境はさらに改善していきます。昨年は2人の衛生士が東京で分子栄養学のセミナーを受講しました。「木を見て森を見ず」という言葉があります。歯や歯肉だけに目を向けるのではなく、全身の健康を考えることができる、そのような衛生士を育てていきたいと思います。

~共に働く方に望むこと~

医療の仕事には完成形というものがなく、常に努力が必要です。「仕事が人を造る」という言葉があります。
若い時に一生懸命学び、努力した結果、患者様から感謝の言葉をいただけるという経験をどんどん積んでほしいと思います。歯科医院で働くスタッフには若い方が多いですが、将来、結婚、出産という人生のステージを迎えるためにも仕事を通して女性として、人間として成長していただきたいと願っています。そのためにも技術面の研鑽だけでなく、他者に対する思いやりや、心のこもった対応などを学び、社会から必要とされる人材に育ってほしいと願い、そのサポートをさせていただきます。
そのためにも技術面の研鑽だけでなく、他者に対する思いやりや、心のこもった対応などを学び、社会から必要とされる人材に育ってほしいと願い、そのサポートをさせていただきます。

また、結婚などで一度は現場を離れた方には、家事や育児を通して得られた貴重な経験を再び歯科医療の場に生かしてほしいと願っています。人生の中で培ってきた経験は何事にも替えがたいもの。ある程度子供さんも大きくなって少し時間に余裕が出てきた40代、50代の衛生士さんにはぜひ子育ての経験を生かしてほしいと思います。
小さい子供さんがいらっしゃる年齢の方には無理のない時間帯で働いていただくよう調整します。赤ん坊からご高齢の方まで、幅広い年代の方に関わることができるのが歯科医療です。人間的に幅のある世代の方が働くことで、職場にも余裕が出てくることを期待しています。
今年に入って、衛生士、助手、受付とそれぞれの職種に40代のスタッフが加わりました。ブランクのある方は不安でしょうが、知識・技術面のサポートは丁寧にさせていただきます。

~労働環境について~

冒頭に述べましたように、今年はスタッフにとって働きやすい職場作りを目指しています。そのため、弁護士事務所と連携して、労働環境が法律的に間違いがないか常に検証しており、スタッフが疑問に思うことがある場合はいつでも労務士事務所に質問できるようになっています。
朝礼が8時50分から始まるため、9時の診療開始までの10分間と18時に診療が終わってからの片付けの時間の20分間は固定残業時間としてカウントします。お昼休みは定時に入れることが多いですが、少し食い込むこともあるため、固定残業代として全員に毎月5000円支給しています。
また、スタッフが事前申請して取得する有給休暇以外にも、急な病気などで欠勤した場合も有給休暇として扱い給与計算しています。

みのり歯科診療所スタッフからのメッセージ

●女性ならではの細かな気配りで患者さんを第1に、大切に接しておられる先生です。知識も豊富でパワフルなので、就業していて勉強させてもらえることがとても多いと思います。  

●お口の中から全身の健康へ。患者様一人ひとりに合った予防や治療を提供できる環境です。
院長先生もコミュニケーションが取りやすいので、新しく入られた方でも働きやすいと思います。
私たちスタッフもお互いに思いやり、暖かくアットホームな職場作りを心がけています。
患者様を健康に導く、やりがいのある仕事を一緒にやってみませんか?スタッフ一同お待ちしています!
 

●「安心」、「環境」、「信頼」を基に先生とスタッフが一丸となって取り組んでいける診療所を目指しています。
 「歯」だけではなく全身の健康を考えた治療に全力を注ぎ、患者様に対し思いやる心を大切にしておられる院長先生とともに患者様お一人お一人に合った治療に最善を尽くし、笑顔になっていただいて、健康づくりのお手伝いができれば、と思っています。
 

ご協力いただいている方のご紹介

image

顧問弁護士事務所:ニューポート法律事務所
弁護士 伊藤 弘好

image

歯科衛生士:薄井 由枝
略歴
久留米大学病院口腔外科の勤務を経て渡米
東ワシントン大学歯科衛生学部卒業(1996年)
ワシントン大学歯学部大学院口腔生物学部修士課程修了(1999年)
2000年帰国。東京医科歯科大学大学院高齢者歯科学博士課程修了(2005年)
2005年より同大学非常勤講師
2000年より歯科医院で非常勤歯科衛生士として勤務する傍ら、研究や教育・執筆活動に携わる

~メッセージ~

はじめまして、薄井由枝です。

私と内山先生は久留米大学で一緒に働いていた時期があります。衛生士が歯周基本治療を行っても、なかなか良くならない患者さんがいらっしゃると相談されたことから、みのり歯科診療所の衛生士の指導に関わることになりました。
私は久留米大学勤務後、アメリカの大学で学び、ライセンスを取得しました。アメリカでは歯科衛生士はとても人気があり、社会的な地位も高い職業です。皆プライドを持って働き、ライセンスを取得した後もよく勉強します。ところが、日本では専門学校あるいは大学を卒業した後に学ぶ機会がとても少なく、スキルアップするための環境が整っているとは言い難い状況です。

衛生士は患者様のQOL(生活の質)を高めることができる素晴らしい職業です。口腔が全身と深く関わることが少しずつ認知されてきています。私たち歯科衛生士が国民の健康向上に役立つことができるのです。そのためには、知識や技術の習得が不可欠です。

みのり歯科診療所では年に3~4回訪問指導を行っています。医院のスタッフが患者様のSRPやメインテナンスを行った後にチェックをし、歯周病が進行している患者様には私がブラッシング指導やSRPを行う様子を見学してもらいます。また、マンツーマンでシャープニングやSRPを教えたり、スライドを使って知識を深める時間も設けています。2日間朝から夕方まで、みっちり指導を行います。

私の出身地でもあるこの佐賀県で、世界スタンダードレベルの衛生士を育てたいというのが私の夢です。
 

 ご応募や医院見学、採用についての質問はお気軽にお問合せ下さい。
 みのり歯科診療所 〒840-0054 佐賀市水ヶ江5-2-8  TEL:0952-27-8566


 佐賀市営バス 横小路バス停より徒歩2分 佐賀駅より車で15分 ※駐車場完備

勤務についてのご質問やご相談はお気軽にどうぞ★

迷われている方、お気軽にご相談・ご質問ください。ご応募の方も下記フォームをご利用ください。

お名前
フリガナ
電話番号
メールアドレス
確認のため、もう一度入力してください。
お問い合わせ内容