診療案内|佐賀市で歯医者をお探しならみのり歯科診療所へ

みのり歯科診療所

診療時間

TEL:0952-27-8566

平日9:00~13:00/14:00~18:00

土曜9:00~13:00まで

休診日:日曜・祝日・年末年始・学会研修日

診療案内

一般歯科

image

美味しく食事するためには、健康な歯が欠かせません。そのためには、口腔内の環境を良い状態に保つ事が大切です。
当院では、可能な限り健康な歯を保存し、なるべく抜かないような方針を採っています。そのためにも、早めに治療においで下さい。
また歯医者さんでの治療も大事ですが、日常のお手入れと定期健診を受けて頂くことが、一番のむし歯予防になります。予防歯科という概念と正しいお手入れ方法や知識を持って頂くことが大事だと考えております。

また、当院ではレーザーや殺菌力の強いイオン水等を使用した、痛みが少なく、治癒が早く、再発のリスクが低い治療を行っています。
歯科用CTを導入しており、正確な検査・診断に基づく正確な治療を行っています。

小児歯科

image

子供の歯は、大人の歯よりもずっと早くむし歯が進行します。
ブラッシング指導や食事指導、フッ素塗布などにより、虫歯を予防していくことが大切です。
「一体、今からどんなことをするんだろう?」と小さなお子様の場合、とても不安です。
「痛い」「恐い」という歯科医院への悪いイメージがつく前に定期的に歯科医院へ通い、むし歯を予防していくことが大切です。

お子様の口腔環境は、食事の内容やタイミング、普段の姿勢などにも大きく影響を受けます。当院では単なる治療だけでなく、食事の内容や噛み方、姿勢などの指導も行っています。

自費診療

image

保険診療では使用できない材料や陶材を用いる為、治療費も一般歯科と比べると高額になりますが、天然歯と見分けがつかないほど美しい歯を再現することが可能です。
見た目だけでなく、経年による劣化が少なく長持ちする、金属による歯ぐきの変色が起こらない、詰め物やかぶせ物が非常に精密に作られるのでむし歯が再発しにくいなど、多くの利点もあります。 また当院では、より正確に口腔内の環境を知るための各種検査も行っています。

自費診療について詳しくはコチラ

矯正歯科

image

矯正歯科治療は、歯並びをきれいにする見た目だけの治療ではありません。咬み合わせを正常にすることで、発音や咀嚼の問題を解決するのはもちろん、姿勢や筋肉の使い方にも影響し、全身の健康に繋がります。
当院では具体的に治療方針、料金治療、治療期間などをご説明し、患者様の治療に対する不安を解消した上で、治療を進めます。お気軽にご相談下さい。

成長期のお子様には、顎の骨をはじめ全身の成長に合わせて咬み合わせを育成していくことが重要です。

食事の内容、普段の生活での姿勢、口呼吸ではなく鼻呼吸を習慣化し、口を閉めて生活することなど、様々な要素が咬み合わせの育成には関係してきます。

また、高齢の方が矯正を行う事で、若々しさを取り戻す効果も見込めます。
当院では、それぞれの年齢や症状に対応した様々な矯正治療を提供できます。お気軽にご相談ください。

歯周病治療

image
image

日本の成人8割以上がかかっていると言われる歯周病。
自覚症状が無いまま進行し、肺や心臓など全身の病気の原因にもなると言われる恐ろしい病気です。歯ぐきから血が出る、歯がぐらつくなどの自覚症状が出るのは、実はかなり重度になってからです。
重度の歯周病治療には大掛かりな手術などが必要になる場合もあり、時間もかかりますので、早めの治療が重要です。
歯周病は、日常の歯みがきで取り切れなかった歯垢が歯と歯ぐきの間に付着して進行します。定期的に歯科医院で歯垢・歯石の除去を行いましょう。
当院では、顕微鏡や細菌カウンターなどの検査機器を使用して、患者様ご自身のお口の中にどのくらい細菌がいるのか実際に見て歯みがきなど口腔ケアの重要性を実感してもらう取り組みを行っています。

また、殺菌能力の高いレーザーやオゾン水を使用した治療を行う事で、お口の中の菌を減らし、治癒が早く、再発の危険が少ない治療を提供しています。
歯周病治療には歯科医師だけでなく、歯科衛生士の知識や経験も重要です。当院では、日本には2人しかいないアメリカの歯科衛生士のライセンスを取得し、活躍しておられる「薄井由枝」先生を年に3~4回東京からお招きしてマンツーマンでの指導を実施して衛生士のスキルアップを図っています。

image

薄井由枝先生略歴
久留米大学病院口腔外科の勤務を経て渡米。
東ワシントン大学歯科衛生学部卒業(1996年)。
ワシントン大学歯学部大学院口腔生物学部修士課程修了(1999年)。
2000年帰国。東京医科歯科大学大学院高齢者歯科学博士課程修了(2005年)。
2005年より同大学非常勤講師。
2000年より歯科医院で非常勤歯科衛生士として勤務する傍ら、研究や教育・執筆活動に携わる。

顎関節治療

image

口を開けたり閉じたりすると顎が「カクカク」する、顎に痛みがある、痛くて口が大きく開けない。一言で顎関節症と言っても、症状は様々です。また、その原因も患者様により異なります。
歯並び・咬み合わせに原因がある場合もありますが、生活習慣やクセ、ストレスなどが原因で顎を食いしばる、歯ぎしりをするなど知らず知らずに顎やその周りの筋肉に過度な負担をかけている事が原因の場合もあります。
過度な顎関節への負担が原因となる「噛み締め呑気症候群」と呼ばれる病気もあり、顎だけでなく胃腸や肩こり、頭痛や目の痛みなど様々な個所に症状が出る場合もあります。

また、強く噛み締める、食いしばる、歯ぎしりをするなどではなくても、会話や食事以外の安静時に、本来は接触しない上下の歯を接触させるクセ(歯列接触癖、“Tooth Contacting Habit”、TCH)が原因で、顎関節症や様々な症状が起こるとも言われています。
TCHの改善には、歯科での治療と言うより日々の生活習慣の見直しが必要です。
当院では姿勢分析を行うことも出来ますので、ご自身では気づいていない姿勢のクセを把握し、生活習慣やクセの改善に役立てることも出来ます。また、痛みを和らげる鍼を使った治療も行っています。
気になる症状があればお気軽にご相談ください。

予防歯科

image

痛い歯を削る、抜けた歯を入れ歯等で補う。日本での歯科の役割は「治療」に重点が置かれていました。
一度削ったり抜いたりすると、自然に再生することは無い成人の歯をなるべく長く、丈夫で健康に保つためには、なってしまったむし歯や歯周病の治療だけではなく、むし歯や歯周病になりにくい口腔環境をつくり、その状態を保つための習慣づくりが重要です。
その様な「予防」を意識した歯科診療を、予防歯科と言います。
当院では、予防歯科に力を入れ、治療の必要が無い口腔環境作りのお手伝いを行っています。
健全な口腔環境を長く保つためには、食生活の見直しが必要な場合も多くあります。当院では食事の見直しなども行っています。

当診療所では定期健診をおすすめしています。 定期健診をすることで、初期段階で症状を抑え通院回数や治療費も最小限に抑えることができます。
おかげさまで現在当院へお越しの患者様の半数以上は定期健診やメンテナンス目的でのご来院です。